×閉じる

Other Languages
中文简体
한글
Français
Español
English
トップページ > 本年度展覧会案内 > 2009年度の展覧会

2009年度の展覧会

美術のクラシック ー久保惣コレクションの国宝・重文ー
特別陳列

美術のクラシック ー久保惣コレクションの国宝・重文ー

平成21年4月7日(火)~5月24日(日)

久保惣コレクションの国宝、重要文化財を中心に、絵画 、墨跡、茶道具など、日本と中国の名品約30点を前、後期に分けて展示します。あわせて平成19年度以降の新収蔵品約10点をご紹介いたします。

東洋の漆器 ー飲食器から仏教工芸までー
常設展

東洋の漆器 ー飲食器から仏教工芸までー

平成21年6月7日(日)~7月26日(日)

美術館が所蔵する中国と日本の漆器約60点を展示します。中国古代の飲食器を始め、仏教の中で用いられた器、茶道で用いられた器、江戸時代の印籠など、様々な漆器作品を紹介します。

山水の美術 - あこがれと神秘の山々 -
常設展

山水の美術 ーあこがれと神秘の山々ー

平成21年8月11日(火)~9月23日(水・祝)

山水画に代表される山をテーマとした美術は、東洋では古くから作られてきました。それらの作品には、山岳風景の賞賛や仙界としての山へのあこがれなど当時の人々の思いが込められています。本展覧会では、山をテーマとした館蔵品約60点を陳列し、中国と日本の様々な山の造形をご覧いただきます。

浮世絵版画 - 江戸の錦・大坂の華 -
久保恒彦父子コレクション第二期受贈記念 特別展

浮世絵版画 ー江戸の錦・大坂の華ー

平成21年10月4日(日)~11月29日(日)

第四次久保惣コレクション第二期寄贈を記念して第一期コレクションと合わせ、約6,000点のうちから主要作品約400点を選び、前、後期にわけて公開します。

煎茶の美術 - 雅な友との出会い -
常設展

煎茶の美術 ー雅な友との出会いー

平成21年12月13日(日)~12月27日(日)
平成22年1月6日(水)~1月31日(日)

中国の文人趣味を受けて江戸時代に流行した煎茶は、心を通わせた友人たちが文学を語り、絵を愛でながら時を過ごす世界です。そこで用いられるさまざまな茶器を陳列します。雅で清らかな好みに充ちた煎茶器の美をお楽しみください。

源氏絵の世界- 桃山時代の王朝美 -
常設展

源氏絵の世界- 桃山時代の王朝美 -

平成22年2月14日(日)~3月22日(月・祝)

館蔵品の土佐光吉筆「源氏物語手鑑」は、桃山時代の源氏絵を代表する作品です。全80点の中から約50点を選び、物語の順に沿って展示します。併せて源氏物語を題材にした江戸時代の浮世絵版画や、源氏物語にも影響を与えた伊勢物語に関連する作品も紹介します。

展覧会アーカイブ

トップページに戻る