×閉じる

Other Languages
中文简体
한글
Français
Español
English
トップページ > 本年度展覧会案内 > 1993年度の展覧会

1993年度の展覧会

書画の名品
特別陳列

書画の名品

平成5年4月4日〜5月30日

館蔵品の中から、国宝、重要文化財をふくめ、日本の絵画、古筆、墨蹟、経巻等を中心に37点展示した。

出陳作品一覧(PDF)
中国の工芸
常設展

中国の工芸

平成5年6月6日〜7月31日

中国の青銅器を中心に118点展示した。

出陳作品一覧(PDF) 常設展

中国の近代絵画

平成5年8月20日〜9月23日

海上派の作品を中心に清時代から中華民国期にかけての中国近代絵画を44点展示した。

出陳作品一覧(PDF)
隋唐時代の金銅仏
特別展

隋唐時代の金銅仏

平成5年10月3日〜11月28日

平成3年の「六朝時代の金銅仏」に続く、中国の金銅仏展の3回目として開催した。隋〜唐時代の青銅および青銅鍍金の作品298点を陳列した。過去2回の金銅仏展とくらべ出陳数が増え、隋唐時代の製作数の多さがうかがわれた。唐時代の金銅仏には、巧みな人物表現を備えた作品がある一方で、簡略化された表現に止まる小型の作品も多いという特徴も見ることができた。また、本尊の脇侍として作られた比丘像、天部像、獅子や、鎚鍱技法による仏板、道教関連の像などもあわせて陳列した。

出陳作品一覧(PDF)
中国・日本の鏡
常設展

中国・日本の鏡

平成5年12月5日〜平成6年1月30日

中国と日本の青銅鏡82点を展示した。

出陳作品一覧(PDF) 常設展

源氏絵

平成6年3月1日〜3月27日

土佐光吉筆「源氏物語手鑑」の中から48面を選び釈文をつけて陳列した。

展覧会アーカイブ

トップページに戻る