×閉じる

Other Languages
中文简体
한글
Français
Español
English
トップページ > 本年度展覧会案内 > 1991年度の展覧会

1991年度の展覧会

書画の名品
特別陳列

書画の名品

平成3年4月2日〜5月26日

館蔵品を中心に日本の絵画、古筆、墨蹟、経巻など36点を展示した。

出陳作品一覧(PDF)
中国の工芸 ー青銅器と陶磁器ー
常設展

中国の工芸 ー青銅器と陶磁器ー

平成3年6月2日〜7月28日

新石器時代の彩陶、歴代の青銅器、陶磁器96点を展示した。

出陳作品一覧(PDF) 常設展

中国近代絵画

平成3年9月1日〜9月23日

斉白石、王震など清時代末から現代にかけて活躍した画家の作品31点を工芸品2点を加え展示した。

出陳作品一覧(PDF)
六朝時代の金銅仏
特別展

六朝時代の金銅仏

平成3年10月1日〜11月24日

本展は、昭和63年秋の特別展「中国古式金銅仏と中央・東南アジアの金銅仏」に続いて開催したもので、189点の青銅鍍金仏(金銅仏)と青銅仏を展示し、北魏から北斉(550〜577)・北周(557〜581)に至までの仏像の変遷をたどった。5世紀末頃の稚拙ながらも独特の造形を備えた作品、6世紀後半の自然な人体表現に近づいた作品など、様々な彫刻が陳列された。また中国北方の金銅仏、同じ鋳型による同形品の製作、6世紀における造形の変化などの課題を検討する機会ともなった。

出陳作品一覧(PDF)
中国・日本の工芸
常設展

中国・日本の工芸

平成3年12月1日〜平成4年1月31日

和・漢の青銅鏡を中心に蔵品の優品65点を選んで展示した。

出陳作品一覧(PDF) 常設展 

源氏絵

平成4年3月1日〜3月27日

土佐光吉筆「源氏物語手鑑」80面のうちから48面を展示した。

展覧会アーカイブ

トップページに戻る