×閉じる

Other Languages
中文简体
한글
Français
Español
English
トップページ > 本年度展覧会案内 > 1988年度の展覧会

1988年度の展覧会

書画の名品
特別陳列

書画の名品

昭和63年4月3日〜5月29日

館蔵品のうちから国宝2点、重要文化財16点を含む35点を前・後期に分けて展示した。

出陳作品一覧(PDF)
日本の工芸
常設展示

日本の工芸

昭和63年6月5日〜7月31日

館蔵品のうちから、日本の工芸品を選び、和鏡、漆器、陶磁器等、重要文化財7点を含む66点を展示した。

出陳作品一覧(PDF) 常設展示

中国の美術

昭和63年9月1日〜9月30日

中国近代・現代絵画と歴代の金工品,陶磁器、漆器等の工芸品をあわせて33点を展示した。

出陳作品一覧(PDF)
中国古式金銅仏と中央・東南アジアの金銅仏
特別展

中国古式金銅仏と中央・東南アジアの金銅仏

昭和63年10月9日〜12月4日

中国の金銅仏を取り上げた特別展の第1回目で、十六国時代の作品を中心に、南北朝時代の金銅仏、東南アジア、中央アジアの金銅仏も加えて陳列した。仏像の中でも金銅仏は、素材の貴重さゆえに珍重され、また、法量が比較的小さく移動しやすいこと等の理由により、仏教の伝播、流布に大きくかかわっている。本展では古式仏と通称される形式の十六国時代の金銅仏について、解明されない部分に焦点をあてて形式分類を試み、その成果を発表した。出陳品は、重要文化財を含む95点である。

出陳作品一覧(PDF)
和鏡
常設展示

和鏡

昭和63年12月11日〜平成元年1月31日

古墳〜江戸時代に製作された日本製青銅鏡を中心に73点を展示した。

出陳作品一覧(PDF) 常設展示

源氏絵

平成元年3月1日〜3月26日

館蔵の土佐光吉筆「源氏物語手鑑」80面のうち49面を選び、詞書の訳文パネルとともに展示した。物語の全段を通してほぼ均一に場面を選び、源氏物語の全体が把握できるよう配慮した。

出陳作品一覧(PDF)

展覧会アーカイブ

トップページに戻る